引越し 基礎運賃

引越しの基礎運賃とは?

引越しには基礎運賃というものがあります。

それには時間制と距離制の2種類があって、どちらも国土交通省によってあらかじめ定められているものか、
もしくは届出を必要とする引越約款のどちらかに基づいて計算されている必要があります。

ですので、引越しの基礎運賃が法外な料金になる事はありません。

時間制と距離制についてもう少し詳しく説明していきたいと思います。

時間制の場合は、普通は4時間または8時間という基礎時間があります。(軽貨物運送業者だと2時間または8時間というふうに変わります)
そして引越し作業にかかった時間が、その基礎時間から、1時間超過するごとに追加料金が発生していく仕組みになっています。

もう1つの距離制の場合には基礎距離というものがあり、100km、軽貨物運送業者の倍30kmというふうになっています。
そして時間制と同様、超過した分に関しては追加で料金がかかります。
また引越しに使うトラックの積載量も値段に関係します。

必要とされる積載量というのは引越しの規模によって変わってきますけど、
1DKだと2t車、2DKだと4t車、3DK〜4LDKだと4t車ロングから、大きいと10t車くらいになるのが目安だと思ってください。

 

サイトマップ

引越しの基礎運賃 ダンボールが引越しには必要 日取りによる引越しの値段 引越し前後の体調管理 一括見積もりが人気な理由 無料で引越し!? 私の引越し見積もり経験談
おすすめリンク集 引越しの保障 引越しと縁起 引越し 挨拶周り
電気自動車